これからの美容師の働き方 「完全週休2日制・8時間勤務」への想い 【Snob Angela(スノッブアンジェラ)オーナーブログ】

 


完全週休二日、8時間勤務への想い


 

・これまでの美容師の働き方
・これからの美容師の働き方

勤務時間
技術習得の時間

・休みから得れるもの(週休二日)

・働く時間の考え方「一日8時間勤務」
「心のメンテナンスすることが良い仕事を生む」
「辞めない組織辞めなくても良い組織は、明るい未来が沢山ある」
「もっとプライベートに意識を向けてもいいよね」

 


 

20年目にして仲間からの助言で今までの考えが180度 かわった出来事がありました。
私達、美容師の働き方はこういうもんだと思ってた….その思い込みを
これからのみんなの為に変えたいと思ったんです。

 

私の経験則からでどの美容師にも当てはまるわけでは無いですが、美容師が週休2日の休みを取ることなんて考えもしなかった。私が美容師になった20年前には、想像もしなかった。変わらず今までのやり方が当たり前だったことを、2020年になり(もはや勤務状況を意識すらしてない)….こんな世界を変えていきたい。

そう本気で考えるようになりました。

 


 

・これまでの美容師の働き方(サロンワーク・レッスン)

サロンワークは日々目まぐるしいほどに忙しい。下積みは大変なのが当然だと学校で教わってきたのもあり、何の疑問も不満もありませんでした。

美容師って本当に休みらしい休みが少ない業種で、休みが休みじゃない事なんてことが本当に多い。年々やる事は増えていく。自分の練習以外に後輩の指導や管理業務、時間が足りないから自分の時間を削っていくしかない….
長くやればやるほど慣れか?諦めか?好きだからだからか元気に続けられる。憧れの先輩たちが通って来た道だと言われれば、望んで険しい方を選んできた方だと思うしそうしないと駄目なんだと思っていました。

でも、本当に沢山の同期や後輩達が途中でリタイヤか離脱し美容師を辞めてしまう現実を目の当たりにしても、当時は全く気付けなかった。根性ないから駄目なんだとも思っていました。

 

今となっては、好きで初めたのに気が付いたら嫌いになってたなんて、本当に悲しいと思いますし、悔しくも感じます。

 

だからこそ、私が自身の周りにいる人の環境くらいは、変える事の出来る立場になった今だからこそ、志半ばにして夢を諦める人が一人でも…できれば沢山減る事が、私ののぞみであり、使命なんだとさえ感じるように成りました。
今が改革の時だと。

 

 

・これからの美容師の働き方(サロンワーク・レッスン)

これからの美容師が、心も、身体も、健康に日常を送り仕事をする為には働き方の環境整備が必要です。

まずは、時間に対して他の業種よりも、不規則で拘束時間が長い事や、休日も他業種比べ少ない事に問題があります。

 

*勤務時間
朝、出勤してからレッスン(技術練習)が終わり退勤するまで、10時間〜11時間が現在までの美容師でした。

お客様(人)に対して施術を行う仕事なので終わりの時間が多少あやふやになりがちです。遅れてくる方やメニューの変更、施術時間が長くなり遅れてしまっていたり、理由は様々ですが、本来であれば決められた時間に始まり決められた時間に終わることが従業員に対しての約束であり雇用者の責任でもあります。

これを守ることがまずは信頼関係の第一歩です。遅れや変更が有っても約束の時間に終わることの出来る体制を組み立てることが管理者には必要ですし、そうで有ることが正常だという風潮に変えていく事がこれからの美容師が仕事を永く続けていくための課題です。

一般企業と、遜色無い労働基準に基づいた雇用形態を逸早く整える事で、美容師を目指す人も増え、万年人材不足のループを断ち切ることにもつながると考えています。

 

+++労働時間については下記に詳細を書き加えています。+++

 

 

*技術習得(レッスン)の時間について

出勤時間より早い時間に出勤してレッスンをするか、営業後にレッスンをするかのどちらかでした。イレギュラーではありますが、営業がゆっくりしている時は多少レッスンする時間も有るかもしれませんが、基本は営業優先でレッスンは業務時間外が当たり前でした。

これを営業時間の中に組み込む事ができれば、スタッフとの時間の約束を守り技術の習得も進められます。何より営業後も仕事の時間に縛られない事で心に余裕が生まれます。
営業中に業務の一環としてレッスンを行ってもらう事で、ダラダラ長くする事や短時間で見せかけだけのレッスンは無くなり、集中して時間を大切に出来ると考えています。

 

まずは、場所の確保、次に時間の確保、続いて指導者の確保、これらがクリア出来たら問題なくなります。
これは一例ですが、一日、朝礼後3時間と営業終わりがけの2時間、レッスンをしたとします。1日5時間のレッスン時間が確実に確保できます。従来のレッスン時間の倍の時間にも相当します。

週休2日で営業日数が20日〜22日でも、1ヶ月で100時間〜110時間も練習時間にあてることが出来ます。

1年(営業日数240日)なら、なんと1200時間に成り、確実に確保できれば業務時間外レッスンを行わずに2年〜3年でのスタイリストデビューが確実と成ります。営業の終わり時間に左右されない事で確実にレッスン時間が確保できる事で飛躍的にスタイリストまでが早まります。さらに、もっと沢山の時間、土日祝日以外の勤務時間1日中技術習得に当てたら!なんて想像をしています。

将来的にこの様な体制が当たり前な業界になってもいいと思っています。
きっちりとしたカリキュラムをクリアした上で、スタイリストまでが早まれば、心が折れる人も確実に減りますし従業員も確実に増えて来ます。そうなれば指導者を増やす事もできます。結果的に良い循環になる事は確実です。

 

 

・休みから得れるもの(週休2日制)

週休2日制から得られるものは、心と時間のゆとりです。下記の8時間勤務と通ずるところも多くありますが、休日だからできることの意味はまた違ってきます。まずはこれらを記載していきます。

 

趣味に使う事も、パートナーとの時間に使う事も、家族がいる人は家族サービスの時間を増やす事も、身体を休めることも、これら全ててで充実した日常生活を送る事が可能に成ります。休みが休みではなかった過去の美容師ではこれらのことは非常に難しいことでした。

時間に余裕が有る事は、心のゆとりに繋がり楽しく仕事が出来る事につながってきます。それは、自然と笑顔でいられる時間を増やす事でもあります。お客様に対しての接客や会話にもその影響は大きく、心や時間に余裕がないと決して細やかな気遣いや心配りはできませんし、様々なサービスを受けにどこかに出向く時間も無ければ、サービス提供に対してより良い時間を提供しようなんて心も生まれません。

 

「人は、自分の経験した事でしか考えられない、行動も出来ない」

 

休日をうまく使い、沢山の人と仕事以外で関わり経験し、心や感情が豊かになっていくものです。自宅と職場の往復だけではけっして得られない事が、休日にはたくさん経験出来ます。趣味があるなら、それを生かし他業種の人と関わる事も出来ます。その中で職場からは得られない話が聞けたり経験する事が出来るかもしれません。意気投合すればもっとコミュニティーが広がるでしょうし、お客様にだってなってくれるかもしれません。

パートナーとの時間も大切です。まずは出会う事も時間や心に余裕がないと出来ないでしょう。共有できる時間がすくないと長続きしないでしょう。親族以外の大切な存在は人としての心を豊かにし、相手の気持ちを思いやる心や敏感さを養えます。何より心の支えや明日への活力に成ります。

家族がいる人は、休みが少ないと一緒に住んでいながらも同じ時間を共有出来ないことやパートナーにばかり家庭の事を任せっきりになったり、家族のために頑張ってる事もうまく伝わらず、ギクシャクしたりしますよね。時間が無くても両立でき、上手くやれる人って稀なのではないかかと思います。心や時間に余裕があれば、助け合い共に過ごす時間も作れます、互いに優しくなれるんじゃないかと思います。

人との出会いや関わりは人生における宝です。その宝をいくつ見つけられるかはその人次第かもしれませんが、まずは関わる時間が必要です。それが無ければ何も始まらないですから。

 

一般社会は随分前に週休2日制が当たり前になりました。学校も同じですね。

美容師が関わるお客様の殆どは一般職の方です。その方達と同じ価値観を共有し同じ目線で物を見たり感じたりするためには、同じ土俵に立つ事が必要だと思います。

美容師が一般企業と同じ体制を取っていく事が、美容の仕事に就くすべての人への未来になると考えます。

 

 

 


〜 働く時間の考え方(8時間勤務)〜

 

時間は誰に対しても平等なものです。

1日に与えられた時間のなかで、仕事に充てる時間が長すぎると健康な状態を保ち働く事が出来ません。
8時間勤務がもたらす未来は、心身共に健康で元気に楽しく働く社員が多くいる会社です。

お客様が基本の美容師の仕事は、笑顔で元気で有る事が絶対に必要です。元気の無い疲れた表情のスタッフに施術してもらう事を誰も求めてはいません。自己管理とはいえ、そうできる時間を作るのも雇用者の勤めであると考えています。

 

「明るく元気にお迎えをし、活気のある空間で楽しい会話ができる、元気を与えてくれる美容師がいい」

 

私にも大きくキャパを超えた事を求められた経験があります。きつく辛い日々の中でスタッフの元気が無くなっている状況を沢山見てきました。スタッフが良い状態で働けていないとしたら、それはやりトップ(会社・責任者)の問題です。できる子はやればいい、出来ない子はできる範囲で、このような状況では、必ず不平不満が生まれます。社員が多くなればなるほど必ずです。それでは心身ともに健康とは言える状態にはなりえません。

8時間勤務がベースにあることの未来が、素晴らしい未来であると言えなければならないでしょう。

 

 

■「心のメンテナンスすることが良い仕事を生む」

一日の時間の中でゆとりがあるということは自由な時間が増えることを意味します。

休憩時間や、仕事終わりに自由な時間がある。今までできなかった未来がたくさん見えてきます。
技術や知識を習得する時間にするのもいいでしょう。趣味の時間に使うのもいいでしょう。休息の時間に使うのもいいでしょう。どれを選ぶのも自由です。自由にできるということが心のゆとりとなり、リフレッシュに繋がります。笑顔で過ごせる時間もきっと増えます。今までのように毎日遅くまで仕事以外何も出来ない世界ではこんな心身のゆとりなんて得られません。

 

美容師の仕事はマンパワーの仕事です。仲間が増えればより多くのキャパ(ゆとり)を持つ事ができます。仲間が増えればより多くのお客様をお迎えする事ができます。仲間で協力する事でよりスムースに仕事を展開していけます。上記の様なゆとりにつながるのです。

技術の練習をする環境や時間、昼休みや休憩時間を取る事がより容易になります。結果技術の向上やできるスタッフが増える事、リフレッシュの時間も持て、笑顔で働くスタッフが増える、喜んでもらえるお客様が増えるという事になります。

 

 

■「辞めない組織辞めなくても良い組織は、明るい未来が沢山ある」

上記では時間のゆとりが、心身のゆとりにつながる話をしました。
ここではその先のゆとりがもたらす形を見ていきます。

 

「「時間の余裕 = 仕事が楽になる = 一人ひとりの負荷が少ない」」

 

全てがイコールです。

負荷が少なく続けていける未来があると、気持ちに余裕や安定感が生まれます。接客業を行うにあたって、この安心感安定感がとても重要になってきます。

向上心や満足度は、技術の良し悪しだけで得れるものではありません。沢山のお客様に支持される美容師は金銭的にも社会人としてのステータスをもつことで、その人に見合ったお客様が集まります。この向上心に見合った努力ができる時間を確保するためには時間の余裕が必要になって来るのです。

時間の余裕が、自身を引っ張り上げる事にも繋がり、周囲の仲間も一緒に成長できる。もちろん無意識に。

 

良いサイクルの流れが生まれ、自分がやりたいこと、欲しいものにも手が届くようになります。趣味やそれにかかる出費も他業種の方々とも遜色なく楽しんでいける未来へとつながるのです。

 

誰もが自分の仕事に対し、喜んでもらう事を前提に考えています。望み通りにならなかったと気を落とす事を考えて始める人は存在しません。技術や知識の習得時間をしっかりと取り、自信を持って接客に入れる。きっと良いサイクル、良い流れが生まれます。この良いサイクルの先には、沢山のお客様に支持していただけるという未来にも繋がってきます。その先にはスタッフのきっちりとした報酬に繋がります。給与やボーナスなどの金銭的なゆとりがもたらす物は上記の心身のゆとりにもつながりますね。

沢山のお客様に支持され、理想とする給与が増え、きっとそこには沢山の仲間がいることでしょう。多くの仲間が増えれば増えるほど、沢山の未来がそれぞれにあるはずです。

会社としても沢山の可能性が生まれます。店舗を増やす事も、事務所を作る事も、レッスン場や撮影スタジオを設ける事も、組織として沢山の事柄が可能になります。カフェを作ってもいいんです。

従業員にとってより良い環境を作ってあげる事に繋がりますし、モチベーションも高く保つことができ、好きなことやりたいことに繋げやすくなる未来にきっとなるはずです。皆がこの仕事を続けていける、続けたいと思ってもらう事が、働きたい会社を作り、結果スタッフが増え、仲間が増える事でより良い環境を作る事ができ、辞めないで続けていける職場を作る事ができると考えています。

様々なサイクルが生まれることで、明るい未来が沢山見えてきますよね。

 

 

■「もっとプライベートに意識を向けてもいいよね」

これまでの美容師は、他業種の方や、パートナー、友人との時間をつくるのが難しい職業でした。サービス業、接客業はそういうものだといえばそうかも知れませんが、これからはもっと自由に関わっていける世界に変えていく必要があります。

なぜ必要か、交流を必要だと考えるか、から話さなければいけません。

交流することが増え、関われる人が多くなり、他業種や趣味など、分野の違う方と関わり合いを持つ事で、知見を広げる事が出来るようになります。多くの新しい知識や経験を得る事でビジネスの中からは得られない多くの経験や知識をたくさん蓄積する事で、お客様とのコミュニケーションにも共通の話題や共感を持って頂けます。話が面白く、話題豊富で楽しいと感じていただけてるとしたら、満足度に繋がり客様に支持していただける理由の一つになります。

技術はもちろんのことですが、沢山の方とコミュニケーションを取ることが人間力を磨けます。積み重ねる事で、人として信頼してもらい、より満足度をあげ、関係を構築していけるのです。

繰り返すことで自身の顧客様となり、信頼してもらえているからこそご紹介を頂けたりします。その結果お客様が増えます。

プライベートに時間を使うこと、それが楽しくすごせていることが、結果として支持される人として成長していけます。その結果、上記のように、心も、体も、金銭的にも、すべてにゆとりのある日々が送れます。

 

 

 


 

 

8時間勤務・週休二日という

主に時間という概念の中での美容師の生活の変化が

これからどのように必要なのかをここまで記載しました。

 

 

1日の時間の大切さがもたらしてくれるもの。
週に2日休日があることでもたらしてくれるもの。

 

その結果はいかがだったでしょうか。
すごく素敵だと思いませんか。こんな未来になったら良いと思いませんか。
それを私達はみんなで叶えたい。

 

そんなふうに考えています。

 

今回は時間の話をさせていただきました。
まだまだ詳細に考えられることはあります。
他の記載を是非ご覧いただけますと嬉しく思います。

 

ひとりひとりが叶えたい理想の形はほんとうにたくさんありスタッフの数だけストーリーがあるでしょう。

 

その道、一つ一つが大切なストーリーです。
一緒に叶えていけると私は幸せです。